おウチの丸ごとリフォーム・防犯設備

京都で39年の実績、中古建売住宅の丸ごとリフォームと防犯の専門店
京都でリフォーム・おウチの防犯ならリフォームセンターつかもとへ

資料請求

中古「建売住宅」の丸ごとリフォーム

HOME > 中古「建売住宅」の丸ごとリフォーム(よくあるトラブルとアドバイス)

よくあるトラブルとアドバイス

このページでお伝えしたい中古「建売住宅」の丸ごとリフォーム

当店がなぜ、中古(建売住宅)の丸ごとリフォームを提案するのか?

①家は生き物で保守点検をすれば大切に使える

リフォームの様子今まで建築業界で行われてきた「スクラップ&ビルド」。
古くなったら壊し、新しく建て替えるという意味ですが、海外ではそのような考え方以外にも、住宅の現段階での資産価値を見出し、直しながら長期間住み続けるという考え方があります。

近年、耳にするようになってきたホームインペション(住宅診断)もその1つで、中立的立場からの診断により、建築の専門知識を有しないユーザーにも現状を把握しやすくしたシステムであり、スクラップ&ビルドで失われてきた資産をうまく活用していくことも、目的の1つとして含まれています。

もう古くなったから使い捨ての時代ではなく、中古建売住宅の持てる価値を最大限生かし、利口に住まうことも必要なのではないでしょうか?

②家を大切に守る事が私達の使命だから

当店はリフォーム専門店ですので、今ある建物を直すことがメインの仕事になります。
それを私達は「家まもり」と名付けてます。

家まもりとは、単純にお客様のお家を直すだけでなく、安心・安全にお住まい頂ける様、ライフスタイルも含んだご提案をしていくことも含みます。
また時として、お家内部の室内空間の安全確保も含むこともあります。

丸ごとリフォームは出来上がりのデザイン重視より建物本体の基本が大事

リフォームで特化性を求める場合、注目される1つとしてデザイン性があると思います。
デザインを求めることも必要かと思いますが、家のことを考えると優先すべきは家の耐久性や強度といった基本を優先すべきと考えます。
軸が狂ったまま見た目だけ良くしても、結局良くなることはないですし、資産価値もなくなってしまうかもしれません。
まずは基本をしっかり直し、そこからデザインや使い勝手を求めていけば、理想の住まいに近付けていけると思います。

中古建売住宅において、重要なのに意外と重要視されないことも多いのが、地盤の耐力です。
確かに、既に建っている建物の地盤を改良するのはそれ相応の手間が掛かりますが、現状の地盤の状態を知っておくことで、対処が出来ることもあるかもしれません。
地盤調査も機器を使用し、比較的手軽に行えますので、リフォーム前の下準備として、調査を行うことをおススメします。
地盤の状態を確認し、その上で建物を直していく。
現行耐震基準に適合しない建物の耐震補強も、地盤の耐力により差が出るので、施工する以上は更なる効果を望める施工をなさる方が、ベターな選択だと思います。

こんなこと、気になりませんか?

キッチンと水回りのリフォームで快適な生活を! NEW!

今回ご紹介のお宅は、長年に渡り当店をご晶展下さっている桂にお住いのお客様です。建物はしっかりと建てられたお家ですが、キッチンやお風呂場をリフォームして快適な日常生活を送ろうと決められての大リフォーム工事でした。「今迄は夏にキッチンでお料理をするのが暑くて。これを何とかしてほしいです。又調理スペースも広くして使い勝手のいいキッチンを希望します。」との奥様のご要望でした。

キッチンはⅠ型キッチン。特にご好評だったのは、食器乾燥庫の設置でした。シンクの所で食器洗いをして簡単に水を切った後、食器乾燥庫(電動式)のレバーを操作してその中に入れる。温風でカラッとかわきます。私はできる限り梅雨時期には特に便利なこの商品をおすすめしています。
夏の室内の温度は天井裏に換気扇(キッチン天井に吸気を取り付け)を取り付け、10cm厚の断熱材を敷き込むと以前とは問題にならない位、暑さが気にならなくなりました。(暑さ対策には、天井裏に断熱材を敷き込む方法もいいですよ。)

床は、エアーウオッシュフローリングの最高級品のフロアー材を張りました。素足で歩くとあたたかく肌触りは最高。(このフロアー材は「可視光型光触媒」で、床に降下した菌・カビ・ウイルスを軽減無害化します。)

お風呂場は、タイル張りの以前よく見かけたタイプから、タカラのユニットバスにリフォームしました。「冬の入浴は寒くて困っていました。それと比べるとあたたがい。浴室乾燥機がついているので、朝起きると室内がカラッとしています」これから冬でも安心して入浴して頂けます.

外壁やトユだけでも、まずは点検を

家を新築し入居する。これでどこも直さず20年も30年も住み続けられる?とはお考えになっていませんか?

特に屋根・外壁・床下等を定期的に点検する事が家を長持ちさせる事にもつながります。 (結果的に修繕費用も安くなりお得です。)
近頃の雨降りや台風の異常さにはビックリ。近年の様な台風がくれば大変です。一度外壁やトユの点検だけでもされる事をおすすめします。
昔よくした「衛生清掃」が懐かしく思い出されます。

工事価格に注意

一番安いところを選んだものの、途中の追加作業料金の多さで結局は高値に…

金額で仕事を受注するならば、当然安いところで選びたくなるのが心境かと思いますが、その店舗の評判や口コミも含んで選ばれる方が良いかと思います。
見積金額は施工先を決める1つの決定材料ですが、見積りは請求金額ではありません。
色んな方の意見を参考に、施工内容+請求金額で選ぶのが重要かと思います。

工事内容の違いがわかりますか

よく広告で見るシステムキッチンやユニットバス。
どちらも据え付けるだけと思われがちですが、据えるまでの過程により金額も変わります。
必要以上は解体しなければ人件費も処分費も当然安くなります。
位置がズレていても無理をすれば繋げられる給排水も、移動しなければ安くなります。
ですが、これらのコストをカットすることで、後々のトラブルに繋がる事も可能性としてないとは言い切れません。
不安要素はこの機に確認して、安心してお使い頂ける据え付けを行うことが重要だと思います。

フタをすれば隠せることが多いこの業界。
わからないことは尋ねて、納得の上施工を進めてもらう様にしましょう。

大切な事は事前に業者の人とよく相談すること

業者からみて「当然」と思える内容も、専門知識に長けてないお客様からみれば、「当然とは思えない」なんてこともあると思います。

これらのトラブルの種は、プロである業者側から歩み寄り、摘める種とは思いますが、お客様にもご協力を賜ることにより、回避出来るトラブルもあると思います。
よく相談し、納得し、進められることが理想の仕上がりに繋がる一歩だと思うます。

ご自分の望みがしっかり理解してもらえてるか?業者任せになってないか?

相手はプロだから言いづらいし聞きづらい、こんなこともあるかもしれません。
頑張って思ってることを伝えようと必死になっても、適当な対応をされたり…

私共が施工に訪問させて頂く時間帯は、平日の昼間が多いので、ご対応頂くのはご主人ではなく、奥様の方が断然多いと思います。
思ってらっしゃることを、業者側に伝えづらいとお思いになられることも多いと思います。

私共は、施工業者・施工者であっても、プロの職人で終わらず、プロのサービスマンでありたいと日々努力しております。
仕事が出来るだけでプロという時代は、とうに過ぎていると思います。
お客様が接しやすい、プロのサービスマンとしての資質も兼ね備えている者こそプロと呼ぶに値すると考えます。
ご不安に思われることがありましたら、どんな小さなことでもご相談下さい。

 

ページトップへ